同僚が使った出会い系サイトはハッピーメールとYYCとJメールだと教えてくれました。
複数を使うにも理由があるようです。
パパ活はとても人気の関係だから、ライバルも多くいるようなのです。
だからより条件が良い人を探すことと、出会いの確立をアップするためにも、複数の出会い系サイトの利用は確実に必要だと言うことも教えられました。
幸い女は完全無料で利用ができるとのこと。
全く損をする部分がありませんから、募集することは抵抗感すら感じません。
また、掲示板に投稿する時の注意もされました。
「お金やお小遣いや援助っていう言葉は絶対使っちゃダメ。これはNGワードになっててね。アカウント停止させられちゃうから気をつけないと。『将来に不安なOLの私、優しい方と食事して癒されたいと思っています』って感じで投稿しないとダメだよ」
と言われました。
条件交渉はLINEでやっていけばいいことも教えられました。
お金くれるパパを私も探して、ちょっとした刺激を得たいし、もしかしたら関係が発展してお金くれる彼氏になってくれるかもしれません。
ちょっとした夢も見れますから、出会い系サイトで募集をやることにしました。

 

 同僚が使った三つの出会い系サイト使い、パパ募集を始めました。
最近ではどんな形の出会いもありませんでしたから、かなりワクワクした気持ちになっていました。
良い人からメールが来ればいいなと期待せず、投稿を繰り返すことになりました。

 

 やりとりを楽しみ、LINEでお話もする相手も出てくるようになりました。
お小遣いがとっても少ない方もいましたし、たまには割り切りと勘違いするような方もいました。
でもお断りをしても、全然怒ったりもしません。
男性の質が高いのは確かです。

 

女性は完全無料定番サイト男性だけ有料
パパ募集サイトBEST5
パパ募集の成功者に教わったサイト